【主催イベント】2021年8月10日(火)、11日(水)日本で「はたらく」×「くらす」外国人の今!!〜企業・地域で考える、持続可能なこれからの多文化共生社会〜

日本で「はたらく」、「くらす」外国人とともに、企業・地域での多文化共生の関わりを考えるイベントを開催します。
“外国人が日本で安心してはたらくことができる土壌を作る”ことを目的として活動する一般社団法人 YOU MAKE ITの取り組みの紹介のほか、外国人を応援する企業や地域の方にお話をお伺いしながら、これからの多文化共生社会を考えていく2回連続トークイベントです。
1回目は、外国人と一緒に働く企業の方と、そこで働く外国人の方にご参加いただき、日本で「はたらく」外国人のリアルをお伺いします。
2回目は、地域側として外国人をサポートする方にご参加いただき、地域で「くらす」ことを一緒に考えていきます!


【こんな方にオススメ】
・国際交流、多文化共生や異文化理解に興味がある方
・外国人就労に対してできることを探している方
・外国人就労の現状について知りたい企業の方
・外国人の方と一緒に働いてみたい方

お申し込み先↓
https://forms.gle/ExSzq95wtTrduwuw6


===
日本で働く外国人は、2016年に初めて100万人を突破し、2020年で170万人を超え年々増加しています。この増加の背景には、日本政府が国内の人手不足を緩和するために、外国人の受け入れを積極的に進めていることが挙げられます。
一方で、日本で働くことを希望する外国人留学生の就職率は約35%前後を推移しており(コロナ後は30%を)、日本人と比較して低く、外国人の受け入れ体制の整備が問題となっています。日本で働きたい外国人にとっては、複雑な在留資格の仕組み(在留資格によって就労できる分野が違うなど)や、このコロナ禍での、企業の採用者数の減少等で、就職を希望する業界の変更を余儀なくされたり、企業を深く知る機会が十分に得られなかったり、などの問題がおきています。
就職した後も、言語や文化のギャップに戸惑う外国人は少なくありません。
また、留学生が多く携わっていた飲食店関係のアルバイトが減ったことにより、なかでは、家賃が払えない、十分な食べ物が買えない、などの緊急性の高いケースも存在しています。ただでさえ、違う言語や異文化の土地で暮らすことは不安が多いでしょう。
知り合いも居らず、誰にも相談できずに悩みを抱えている外国人も多く存在しています。本イベントは、外国人を受け入れる企業や一緒に暮らす地域側でできることを一緒に考えるイベントです。

主催:一般社団法人YOU MAKE IT
共催: JICA九州株式会社YOUI

====
1回目「はたらく」
日時:8月10日(火)19:00-20:30
実施方法:オンライン開催
内容
・YOUMAKEITさんの事業の紹介
・「はたらく」について考える
Local Design株式会社 代表取締役/CEO 河辺 健一 氏
https://ldhd.co.jp/
(地域固有のニーズや課題を把握し、不動産投資・ホテル運営・清掃委託まで一体的にデザインし、最高のソリューションを提供。)
・実際に日本ではたらく外国人の方の声
ディスカッション・質疑応答

2回目「くらす」
日時:8月11日(水)19:00-20:30
実施方法:オフライン・オンラインのハイブリッド開催
開催場所 ユウアヒア(福岡市博多区上川端町9-35 冷泉荘A101)
内容
・YOUMAKEITさんの事業の紹介
・「くらす」について考える
・JICA九州 鬼丸 武士 氏
(青年海外協力隊としてヨルダンに渡り理学療法士の活動をした経験から、日本で国際協力に関わってみたい方の想いを形にしていくサポートを行なっている。)
・実際に日本でくらす外国人の方の声
ディスカッション・質疑応答

====
お申し込み先↓
https://forms.gle/ExSzq95wtTrduwuw6


当イベントは休眠預金を活用した「キャッシュフォーワーク2020」事業として実施しております。


Facebookイベントページ
https://fb.me/e/1AMWDBSGQ
https://fb.me/e/18YubIdUR